2018年の記事アーカイブ

10件の記事が見つかったよ。

うち 1 - 5 件目を表示するよ(1ページ目/全2ページ)。

【ネタバレ】ドキドキ文芸部!を日本語でプレイした方へ【Just Monika】

『Doki Doki Literature Club!』(DDLC)に非公式日本語化modがリリースされたことで、本作がより日本でも広まり、人気も高まりつつある。

俺は日本語化modどころか日本語の情報すらほとんどない頃に始めたので、プレイするのも情報収集するのも大変だったが、今ここまで広がりを見せ、俺としても嬉しい限りだ。

しかし、翻訳によって元の英語のキーワード、世界的にミームとなった言葉が日本語版には含まれないため、日本人プレイヤーの間で通じなくなってしまうのではないか、と俺は心配している。

※ミーム:模倣などによって遺伝子のように伝達される文化のこと。

そこで今回は、世界中のプレイヤーの間で語り継がれる本作のキーワードを紹介したい。

なお、この記事には本作の核心に触れるネタバレしか含まれないので、プレイ前には絶対に見ないように。見ても意味がわからないと思うけど。

» 続きを読む

【祝】れいぶろぐ、独自ドメインを取得

みなさん、こんにちは!

新しいドメインからこんにちは!

そう、URLを見てほしい、https://labelog.net/〜 になっているだろう。

2015年に「れいぶろぐ」を開始したが、当時のURLは http://labe.wp.xdomain.jp/〜 だったのだ。

間違い探しじゃない、これには大きな大きな意味があるのだ!

ということで今回は、俺がなぜこんなに喜んでいるのか、嬉々として語ろうじゃないか。

ついでに、移転に際してのあれこれも……

» 続きを読む

【ネタバレ】DDLCのキャラについて思ったこと

予想外の展開で話題の海外製無料アドベンチャーゲーム『Doki Doki Literature Club!』。

本作は一見するとありふれたポップなギャルゲーで、ヒロインたちはいかにもといった具合にステレオタイプで魅力的なキャラだ。

しかし、本作は一見しただけでは決してわからない奥深さを秘めている。

本作の2周目以降をプレイすると、1周目の時点ではいかに彼女たちのことを理解していなかったかを思い知らされる。

つまり、みんなそれぞれが深い何かを隠し持っていたのだ。

まあ、隠していたのだから俺のせいではないのだが……

今回は、本作のそんなヒロインたちに関して俺が思ったこと、考えたことを綴っていくが、安定の長さになっているので、そのつもりで。

この記事には本作に関する重大なネタバレと、「お子様や心を乱されやすい人」には適していない衝撃的な描写を含む。

[OK]

» 続きを読む

【ネタバレ】Doki Doki Literature Club! 3周目〜完全クリアした感想

前回の記事に引き続き、遅ればせながらやっとクリアした海外製の美少女恋愛(?)アドベンチャーゲーム 『Doki Doki Literature Club!』(DDLC)に関する記事を書いていく。

2周目はいろいろとアレなゲームだったが、3周目ははたして……

そして、エンディングへ……感動の結末となるか?

今回は3周目以降の感想と考察を、あらすじとともに振り返る。

» 続きを読む

【ネタバレ】Doki Doki Literature Club! 2周目の感想【ナツキルート→???】

海外製の美少女恋愛アドベンチャーゲーム『Doki Doki Literature Club!』(DDLC)の1周目をクリアしてから、早5ヶ月……

遅ればせながら、やっと時間を取れて、本作の全クリ(エンディングのスタッフロール)までたどり着いた。

そうこうしている間に、非公式ながら日本語化modが公開され、日本でも徐々に多くの人がプレイするようになった。

しかし俺は、まだ日本語化modが影も形もない頃に始めた、日本においては言わば先駆者だ。

海外の作品にもかかわらず、日本でもここまで広まったのは嬉しいし、これからもっと広まってほしいし、そのために俺はこれからも活動していくつもりだけど。

先駆者と言いながら、すでにmodでプレイした人にすら追い抜かれてる!

それはさておき……

1周目を泣きながらプレイした俺に、はたして救いは訪れたのか。

今回はまず、2周目の感想と考察を、あらすじとともに振り返る。

» 続きを読む